明法ニュース 行事

海外語学研修報告⑤-8月9日・10日

行事

企業訪問―ノボテルの湖.JPG企業訪問―ノボテルの湖でカヤック1.JPG 企業訪問―ノボテルを見学中積極的に質問.JPG

 

 

 

 

 2週間の語学研修も、ついに折り返し地点に差し掛かりました。長旅の疲れが完全に抜け、ホストファミリーとはすっかり打ち解け、LexisでのEnglish Lessonにもしっかりついてゆけるようになりました。いよいよここからが本番です。環境に慣れ気持ちに余裕が出てきた今が、最も多くのことを吸収し彼らが大きく成長する好機です。

企業訪問―ノボテルの湖でカヤック2.JPG そんなタイミングに、午前中のEnglish Lessonではこの二日間連続で、"30 minutes integration"が行われました。"integration"とは「統合、統一、融合」などという意味です。LexisでのEnglish Lessonは、これまでは明法生だけで2つのグループに分かれて授業を受けてきました。しかしこの後半戦では、毎日30分ずつLexisで学んでいる他のグループと合同で活動が行われるのです。他のグループには、日本人もいれば、中国人・韓国人・ドイツ人・フランス人・ブラジル人など、色々な国や地域からの留学生がいました。彼らと会話するのはとても良い経験になったと思います。特に、我々は男子校なので、女性と一緒に授業の活動をするのはめったにないことで、いつも以上に張り切って積極的に会話する人もいれば、少し恥ずかしそうにもじもじしている人もいました。また、この活動がきっかけで、休み時間にも自然と他のグループの人達との交流が始まりました。

 9日目の午後は、Michelle先生の引率で、現地企業訪問としてNovotel Twin Waters Resort(ノボテル ツインウォーターズ リゾート)という、サンシャインコーストの海辺にあるリゾートホテルへ行きました。ホテルの方の案内で、レストランの厨房など通常の宿泊客としては立ち入れない場所も含めて、広い敷地をぐるりと見学させてもらいました。見学中あちこちから、「うわぁ、すごい」「豪華だ、高そう」「こんなホテルに泊まれる身分になりたい」など、感嘆の声が聞こえてきました。見学を終えて少し時間に余裕があったので、ホテルの方のご厚意で、敷地内にある湖で宿泊者用のカヤックを使わせてもらうことが出来ました。

サーフィン1.JPGサーフィン2.JPGサーフィン3.JPG 10日目の午後は、Michael先生の引率で、3日目の午後に水遊びをしたHasting Street沿いのNoosa Main Beachで、Surfing Lessonを受けました。今こちらの季節は冬、ビーチに出るとそこに人気はほとんどなく、きれいな白い砂浜の向こうに果てしなく広がる青い海と、白くかすむ水平線の上に大きく広がる青空、その白と青のコントラストとグラデーションの世界を我々が独り占めしてしまいました。今日は天気も大変良く、雲一つない快晴で、穏やかな風と低い波はほぼ全員サーフィン初心者の私達にとっては絶好のコンディションでした。見るからにサーファーという感じの、とてもワイルドでかつフレンドリーな地元のコーチ4人の指導の下、砂浜の上で安全についての注意事項を確認して、サーフボードの持ち方や立ち方などの基本を教わってから、いざ出陣! 冷たい冬の海の中、やや唇が青ざめて震えながらも、よっぽど楽しかったのか途中休憩をはさみながら2時間程やっても「もっとやりたいです!!」という声が続出しました。

サーフィン4.JPGサーフィン5.JPGサーフィン6.JPG

 

 

 

 

  明日から2日間(8/11土~12日)は、ホストファミリーと過ごす最後の週末です。とても緊張していた先週末とは違い、家族とすっかり打ち解けた状態で臨む二連休は、思いっきり楽しめること間違いなし!「もう日本には帰りたくない」と思う人がたくさんいるのでは?! 月曜日にどんな土産話を聞かせてくれるのか楽しみです。サーフィン7.JPG

サーフィン8.JPG Now, your last weekend here in Australia is about to begin! You should enjoy yourself a lot with your host family!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

明法は国際教育に力を入れています。詳しくはこちらをご覧ください。