サイエンスGE紹介 明法の学び

サイエンスGE(グローバルエンデバーズ)

「真のグローバル教育」の
実現を目指す
サイエンスGE
(グローバルエンデバーズ)

サイエンスGE
サイエンスGE
サイエンスGE

週4時間の授業。
情報リテラシー、ロボットの基礎プログラミングからスタートして、
ディベート、ペットボトルロケット、落語などの特別講座では、
各分野の第一線で活躍されている方を講師としてお招きします。

本校は創立以来、社会のため、国家のため、人類のために役立ち世界平和に貢献できる人間の育成を建学の精神として、多くの逸材を世に輩出してまいりましたが、2014年、創立50周年を迎えるにあたり、更に質の高い私学教育を目指し学校改革に取り組みました。改革の3本柱は校舎の大規模改修、カリキュラムの改定、そして明法グローバルエンデバーズ(以下サイエンスGE)の設立です。グローバル教育の重要性が叫ばれて久しく、言葉としてすっかり定着しておりますが、実際はどうでしょう。東大、京大をはじめとする日本を代表する大学の世界ランキングが下がり、海外大学に留学する日本人学生もその数を減らしています。本校ではこのような現況に立ち、今後も激動していくであろう国際社会を見据え「真のグローバル教育」の実現を目指すべくサイエンスGEを設立いたしました。サイエンスGEでは中高一貫校で過ごす6年後にゴールを置かず、大学には明確なビジョンを持って進学、入学後も将来に向かい成長を続け、10年後の22歳には社会の即戦力となることを目指します。それぞれの分野の一線で活躍される講師陣と、良質のコンテンツを誇る「GE講座」を核とした科学による人間教育は、2020年以降大きく変わる大学入試制度への対応はもちろん、「グローバルとは価値観の違う世界の人と協働すること」をコンセプトとして、これからの日本のグローバル教育をリードします。

GE(グローバルエンデバーズ)の意味Global Endeavors

G

英語が話せることがグローバル教育ではありません。サイエンスGEで学ぶ子どもたちが相手をするのは、多種多様な価値観を持った人たちです。
サイエンスGEでは、グローバル教育の定義を、「英語が話せること」ではなく、「価値観や文化の違う者と、協働できる人間をつくること」と考えています。 そのうえでリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指します。

E

10年前には考えもしなかった分野が成長し、トップだった企業が無くなってしまう。企業は、あらゆる分野で絶えず新しい挑戦を強いられています。
エンデバーズとは、客観的なものの見方、論理的な思考、問題解決力などの科学的な実践力を武器として、新しい時代に挑戦し、未来を開拓し続けることを意味しています。

科学的な思考や方法は、
文系・理系の枠を超えたものです。

今の社会では、科学的な思考や方法が文系・理系の枠を越え、自然科学から人文科学まであらゆるもののベースとなっています。
例えば、経済や教育、スポーツ、医療、料理などさまざまなところで科学的思考や方法が使われています。サイエンスGEは、科学のみを教えるものでも、科学者を育てる教育でもありません。科学的な知識や経験をあらゆる分野に生かせる力を身につける教育です。

サイエンスGEの科学教育

GE基本講座

ロボット

月面探査・火星探査・サッカー・レスキューなど様々なカテゴリーの自律型ロボットを制御します。目的は科学者や技術者の養成ではありません。ロボットという魅力的な教材を使って、プログラムというソフトの世界とセンサーやモーターというハードの世界を融合してとらえる、真の「ものつくり」の力を養います。数値の測定・調整能力の重要性、論理的思考要力、問題発見力、問題解決力など、世の中がどんなに変化しても、あらゆる職業に必とされる力を養成します。

ロボット
ロボット①(中1)

ロボット①(中1)

ロボット③(中1)

ロボット③(中1)

ロボット(中3)

ロボット(中3)

プレゼンテーション

成果をいかに見せるかは、現代社会では大きな資質です。よりわかりやすく、簡潔に、インパクトのある見せ方を、TPOに合わせて臨機応変に作成し実行することが目標です。単なるプレゼンテーションソフトウェアの練習ではなく、実戦的なプレゼンテーション力を育成します。ロボットコンテストではシートプレゼンテーション、口頭プレゼンテーションを必須としています。また、海外での交流会やシンポジウムに対応するために、短時間で趣旨に沿ったプレゼンを作成できる力を習得します。

プレゼンテーション(中1)

プレゼンテーション(中1)

数値解析(GPS・ペットボトルロケット飛行曲線など)

大学で行われる数値実験を、中学・高校の数学や物理などを使って解析し、学んでいることが実際の現象に密接につながっていることを検証します。「地球を測ろう!」というGPSを使った実験は、正にグローバルなテーマであり、ヘレニズム時代の天才学者エラトステネスの再現実験です。GPSを使って自分たちの歩幅から実際に地球の円周を求めます。過去の偉大な実験を再現できる力があって初めて最先端が理解できるという、GEのポリシーに沿った取り組みです。他にもペットボトルロケットの飛行曲線を、PCのビデオ機能、画像解析機能とエクセルを用いて科学論文を作成するなど、測定、分析、発表までを行う、これまでにない取り組みです。

電子温度計(中2)

電子温度計(中2)

統計処理・プログラミング

現代は科学だけでなく、経済も教育もスポーツもすべての職業が数字を扱います。しかし大学の専門的な研究分析や、ビジネスのマーケティング分野で数値を分析するために必要な統計学は、大学入学まではあまり重要視されていません。従って日本の学生はビッグデータやデータベースといった現実的な手法を入学後すぐに使うことができません。この講座では統計分析を自動的に行うプログラミングを使いこなすことによって、独自の視点で結果を高速に導き出す手法により、数値を扱う楽しさを学びます。

統計処理・プログラミング

ブラインドコミュニケーション

言葉だけで状況や図形を正確に伝えるブラインドコミュニケーションは、宇宙飛行士やフライトディレクターも必ず行う訓練です。国語の能力をさらに引き上げ、現実の世界を情報化する力、短い時間で簡潔に伝える能力を育成します。また日本語だけでなく、英語でも行います。これはグローバルに情報を送受信できる力を養い、国際合宿やシンポジウムで活躍できる人材の育成に寄与します。

英語ブラインドコミュニケーション

英語ブラインドコミュニケーション

GE特別講座

ディベート/ 西部 直樹氏

与えられた論題に対して、直前に肯定側か否定側かが決まるディベートは、単に討論ではなく論法の優劣を競います。試合では対戦相手をやり込めるのではなく、いかに審判を納得させるかがポイントになります。正確な情報収集力、論理的思考力、当意即妙などGEコンセプトの多くの要素を持つディベートは、GE講座の中でも重要な位置づけになります。

ディベート②(中1)

ディベート②(中1)

医学講座/ 南淵 明宏氏

日本を代表する心臓外科医、南淵明宏氏(本校卒業生)による全2回の医学講座。第1回は「医者という職業について」「心臓手術について」というテーマの座学、また手術用器具と布を使って縫合の練習を行います。第2回では解説を受けながら手術の体験を行います。中学生対象の心臓外科医による医学講座は全国でも実施例のない貴重な実験です。

医学講座

落語/ 桂小文治師匠

講師として第一線で活躍する落語家をお招きして、人前で一人ひとネタを披露することを目標とします。自国の文化である古典を理解すると共に、同じ噺でも場の雰囲気により微妙に変化させ、緊張と弛緩など人を引き込む話術の極意はプレゼンテーションの基本になります。また、一言半句たがわず正確に文言を記憶する力、言葉だけで聞き手を現実にはないイメージの世界に引き込む力、言葉の持つ深い意味を理解する力など、真のコミュニケーション能力を養います。

落語講座(中1)

落語講座(中1)

ギター/ 藤ヶ崎 元氏

目標はギターを使った英語の歌の弾き語り。カーペンターズ、ビートルズ等の名曲から一人一曲選んで発表します。音楽を使った自己表現は単純なコードで歌う1曲だけでも、コミュニケーションの重要なツールになります。また歌では英会話の発音と少し異なる「英語っぽい発音」も大切です。海外での交流会などを想定し、ギターという国際的なコミュニケーションツールを習得します。

ギター

ペットボトルロケット/ 三輪田 真氏

JAXAから講師をお招きして、「国産ロケット開発と宇宙ビジネスについて」の講義を受けた後、実際にペットボトルロケットを打ち上げます。軌道を動画撮影してそこから得たデータを0.1秒ごとにPCソフト上にプロットしてグラフを作成。水の量、 羽根の数、 発射角度、ポンピング(加圧)など、様々な条件の違いと軌道の関係を物理的に解析します。

ペットボトルロケット
講演(JAXA)

講演(JAXA)

打上げ実験

打上げ実験

挑戦するコンテスト・コンクール(予定)

  • 全国教室ディベート連盟(ディベート甲子園・関東地区秋季ディベート大会)
  • SRC(スペースロボットコンテスト)
  • RCJ(ロボカップジュニア)サッカー部門 レスキュー部門
  • 日本学生科学賞
  • 高校生科学技術チャレンジ
挑戦するコンテスト・コンクール

GE講座の特徴

「知識」を「知性・知恵」に。
「経験」を「経験を生かす力に」。

GE最大の特徴であるこの講座は「グローバルとは価値観の違う者同士が協働すること」を基本理念として、どんなに世界が変わっても、文系・理系の枠を越えあらゆる職業に不可欠な、論理的な思考力、問題解決力、コミュニケーション能力を身につけます。

また、講座の実践の場として学期に1度、コンクール・コンテストなど校外の大会に参加します。情報リテラシー、ロボットの基礎プログラミングからスタートして、ディベート、ペットボトルロケット、落語、心臓の解剖などの特別講座では、各分野の第一線で活躍されている方を講師としてお招きします。

週1日、連続4時間の授業

4時間連続で行われることにより、標準50分間の学校時に縛られることなく、充分な作業時間を確保しています。休み時間をフレキシブルに置くなど、生徒の集中力と内容のベストバランスを考えた授業展開が可能になります。

科目を横断した通常授業にはない内容

例えばGE講座の中核になるロボット講座は、ロボット学者やエンジニアを育成することを目標にしていません。ロボットを制御するプログラミングで得られる論理的思考や数値の重要性を学ぶこと文系・理系の枠を超え、あらゆる職業に必要です。

毎学期末に外部コンテスト、フォーラム、プレゼンテーション、ディスカッションに挑戦。

ディベート大会など全国大会を目指す強豪校のチームに挑戦することの意味は、学校から外に出て教員以外の「他者の評価」を得ることです。それにより自分たちの立ち位置を知り、挫折と挑戦を繰り返すことでメンタルも鍛えていきます。

ITを最大限に活用し、効果的な知識吸収。

入学時から充分な情報リテラシー教育を行います。それによりインターネットの膨大な情報量を武器にすることと同時にネットに潜む偽りの情報、危険性について学び、情報の見分け方を身につけます。課題の配布、収集にはクラウドを利用し、ディベート・プレゼンテーションの情報収集もITをフル活用します。

PBL(問題解決型授業)を用いた学習

これはハーバード大学をはじめ海外の大学やアジアのトップジュニア育成のため初等、中等教育で多く取り入れられている学習法です。全てを先生に教えてもらうのではなく、与えられた課題に生徒自身が取り組み、解決策を見いだしていく、自ら学ぶ力を育てる授業です。

メッセージ

未来を生き抜く力を身につけ、社会、世界に必要とされる人材を育てます。

世界に通用する人材を育成したい、将来の日本に真に役立つ人材を育成したいという想いから、画期的で新しい教育、科学を通じての人間教育、サイエンスGEを設立しました。

通常の授業の他に、週4時間の科目横断的授業「GE講座」を設け、ロボット学習、ディベートなどを通して科学的な思考や方法を養成します。
様々なコンテストに出場することによってプレゼンテーション力やコミュニケーション力を養います。
失敗を次のステップへの糧とする粘り強さと挑戦する勇気を培い、タフな人材を育成します。

一人ひとりの個性と自主性を尊重し、厚い信頼関係と面倒見の良さが有名大学合格はもとより、大学を卒業する 22歳で時代が求める人に育てます。

校長 下條 隆史

校長 下條 隆史

Global Scienceの力を磨く!
22歳で世界に羽ばたく!

子供たちの未来は18歳で決まるものではありません。社会に出るのは一般的には22歳。私たちは、この22歳のときに社会に貢献できる、すなわち社会が欲しがる人材に成長していくことを大切にしたいと思っています。現代社会で、数値を扱わない職業はまずありません。

経済も教育もスポーツも、客観的に数字を測定し論理的に分析しそれをもとに行動します。すなわち立派な科学です。一方でグローバルとは英語を話せることだけではなく、「価値観が違う人と協働できる」ことと考えています。価値観が異なる人と協働したり、交渉したり説得したりするには、やはり数字しかありません。これらを習得するには知識だけでなく、失敗の経験こそが不可欠です。

プロ野球を目指す12歳のほとんどの少年が、本当にプロになる最小の年齢は6年後の18歳。宇宙を目指す12歳の少年がNASAに行ける最初のチャンスは、やはり18歳から22歳までにやってきます。大学に入ってさらに伸びるための力を、明法での6年間に培っていただきたいと願っています。

CED 北原達正

CED 北原達正