明法中学・高等学校

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 資料請求
  • アクセス・お問い合わせ
  • 中学受験生・保護者の方へ
  • 高校受験生・保護者の方へ

卒業生からのメッセージ

先輩たちは、さまざまなフィールドで活躍中!

東京大学をはじめとする有名大学合格者もいれば、ハイブリッドカーの開発責任者やサッカーの国際審判員も…。
それぞれの場所で、それぞれの夢に向かっている卒業生たちからメッセージが届いています。

大学生OBからのメッセージ

絆 一生の宝物
加藤 太治さん(バドミントン部)
2009年度卒業 東京大学 医学部医学科
中高6年間バドミントン部に属し、放課後は部活に明け暮れる一方で、リベラルな校風の中で自分の興味を存分に探求することが出来ました。中でも好きな数学を自学自習により進められました。分からないことを先生に質問した際は、丁寧に教えて下さり専門の書籍を貸していただいたりもしました。また、多くの友人と刺激しあい競い合いバイタリティ溢れた学生生活を送ることができた経験は一生の宝物です。
明法にしかない良さがたくさんある
菊地 洋平さん(生徒会長・陸上競技部)
2008年度卒業 青山学院大学 経済学部
私が生徒会長を務めることができたのは、先生方のサポートがあったからだと思います。このように明法は先生と生徒の距離が近く、親身になってアドバイスをして頂けます。そして学校の雰囲気が良く、体育祭などの行事は男子校ならではの盛り上がりを見せ、一生モノの思い出を作ることができると思います。明法には、明法にしかない良さがたくさんあります。その環境をフルに活かし、一度きりの中高時代を有意義なものにして下さい。
いい出会いが沢山待っている
渡部 直也さん(陸上競技部)
2008 年度卒業 東京大学 教養学部4 年
明法での6年間は、本当に充実したものでした。部活動や委員会活動はもちろん、友人や先輩・後輩との交流を通して、かけがえのない時間を過ごすことができました。勉強面に関しても、先生方が生徒一人ひとりの面倒をきちんと見て下さるので、とても頼りになります。受験勉強の時も多くの先生にご指導頂きました。部活・委員会や学校行事にも積極的に取り組みながら、明法で過ごす時間を一生の思い出にして下さい。

社会人OBからのメッセージ

卒業生はみな、明法を故郷と呼ぶ
関 康成さん
1975年度卒業 ホンダ「インサイト」開発責任者
明法の卒業生はみな、明法を故郷と呼ぶ。そこには、中学・高校時代という多感期に苦楽を共にし、夢を語り合った仲間と築いた確かな自分の足跡がある。気が付いたらピアノのバイエル教本が終了していた器楽授業。自主性と集中力が養えた部活動と勉学の両立は、更に達成感をも生む。私の好奇心を存分に掻き立てた、大学並みの理科設備。そして何よりも個性を尊重してくれた教育方針に、先生方との信頼関係が生まれる。明法での貴重な6年の経験は今の私の仕事だけでなく、趣味にまで広く影響を与えてくれている。
明法に来て人生の楽しみ方の端緒を感じてください
南淵 明宏さん
1975年度卒業 心臓外科医
私の今があるのは、この明法に通っていたからと言っても過言ではありません。なぜなら、高校三年生のとき担任の先生に「お前みたいな自分勝手な奴は医者にしか向いていない」とご指導を受けたことがきっかけとなり、医者を目指したからです。明法のいい所は自主性を尊重するところ。生徒に決してストレスをかけない教育方針だったところだと思います。人生は面白く、感動の連続。景色や香りもすばらしく、共に生きている人もすばらしい。一生かかっても全部満喫できないかもしれませんが、明法に来て人生の楽しみ方の端緒を感じてはいかがですか?
明法での6年間は「自分で考え、行動すること」
飯田 淳平さん
1999 年度卒業 日本サッカー協会所属 サッカー国際審判員
明法での6年間は、部活中心の生活でした。
現在、Jリーグで主審を担当していますが、明法での6年間で学んだ、「自分で考え、行動すること」は現在、審判をする上でとても役に立っています。
事実を正しく判定し、日本サッカーが世界の頂点に立てるよう願いながら、笛を持っています。
様々なことを経験し、色々な人との出会いを大切にして、自分の夢の実現に向かって努力していって下さい。

ページトップへ 戻る


明法中学・高等学校
明法中学・高等学校  〒189-0024 東京都東村山市富士見町2丁目4-12
TEL:042-393-5611(代)  FAX:042-391-7129

Copyright © 2012 MEIHO Junior & Senior high school. All Right Reserved.