明法ニュース 行事

【行事】中学1年生オリエンテーション合宿

行事
中学1年生オリエンテーション合宿

 4月12日~14日の2泊3日で、長野県・車山での中学1年生オリエンテーション合宿が行われました。
 
 合宿は中学生としての学習習慣を確立し、クラスを中心にした学校生活の基本を学ぶことを目的に新入生を対象に毎年行われています。今年度も英語・数学の授業とその復習 ( 自習・家庭学習にあたるもの ) を実際に体験しました。

 英語は中1の担当者が、数学は本校の教頭が授業を行いました。英語は生徒たちが初めて正式に習う教科ですが、全員が先生の話によく集中し、声を出し、時には身体も使う、大変活気のある授業でした。数学の授業では「算数との違いは?」「数学を学ぶのは幸せになるため」といった説明から始まり、生徒たちが学習の意味を深く考えた後に講義を聴き、練習問題に取り組みました。

 授業の他にも、ホームルーム活動、体育祭の学年パーフォーマンス(当日中1全員で行う演技)の練習など、盛りだくさんな内容となりました。ホームルームでは生徒たちが自主的に話し合い、係・委員などを選出します。今年も"譲り合い"はあまりなく、スムーズに役職が決まっていきました。

 2日目の午後には周辺の散策もあり、まだ雪が残っている車山の斜面で楽しく遊びました。

 中学生になったばかりの生徒たちが、自分から勉強する大切さをつかみ、新しい友達もできる、大変有意義な合宿になりました。この合宿をスタートに、一人一人にとって本当に貴重な、これから6年間の明法生活が始まります。