明法ニュース 行事

【GSP】英語プレゼンテーションコンテストの受賞者発表!

行事
プレゼンの様子①.JPGプレゼンの様子②.JPGコンテストの紹介.JPG
 6月6日(土)、ターム留学第5期帰国生によるシェアリング・セッション(報告会)が本校大会議室で行われました。一人5分間(二人一組の場合は8分間)、留学を通して学んだ点を英語でプレゼンテーションします。今年もコンテスト形式で実施し、3名の審査員(外部審査員含む)を含めて80名以上の方々が参観されました。
審査員による得点と観客の得票数を基に順位を決定したところ、グランプリと準グランプリを受賞した生徒は下記の通りとなりました。

 【グランプリ】    高2A組 野中宏希君 
 【準グランプリ】 高2A組 白岩東洋君・藤田椋太郎君(ペア)

*受賞者のプレゼンテーションはこちらからご覧いただけます。

スライド①.pngスライド②.png共に留学した仲間達☆.jpg
 惜しくも受賞を逃した他11名のプレゼンテーションも、非常に工夫を凝らしたユニークなものばかりで、帰国生14名それぞれの体験と成長が目に見えるようでした。また今年のプレゼンテーションでは、例年目にする"challenge(s)"や"hardship"に加え、"helping each other"や"multicultural"など新たなキーワードも多く登場していたのが印象的でした。 
このシェアリング・セッション(報告会)をもって、第5期生の1年間に及ぶターム留学プログラムは幕を閉じました。現在、先輩たちの背中を追いかける26名の高校1年生(第6期生)たちが、来年1月の出発に向けて既に準備を開始しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
本校の国際教育(グローバル・スタディーズ・プログラム(GSP))についてはこちらをご覧ください。

7月19日(日)に開催する高校受験生向け説明会・オープンスクール(こちらで紹介しています)では、グローバル・スタディーズ・プログラム(GSP)の一環である英語ゼミ授業「21世紀」の授業を体験できます。この「21世紀」は「国際教養力の養成(国際時事問題を英語でディスカッション)」と「21世紀スキル(問題発見力・解決力、起業家精神など)の育成」を目的とした授業です。