明法ニュース 部活動・同好会

空手部-夏合宿を行いました

部活動・同好会

8月10日(日)から13日(水)まで、群馬県尾瀬戸倉で空手部夏合宿を行いました。
連日の猛暑から逃れ、さわやかな山の空気の中で、とても充実した稽古に取り組みました。

初日は学校集合。ミットやヘッドギア、その他の用具をバスに積み込んで出発しました。
車中で世界大会の映像を見て、そのレベルの高さを学びました。
宿舎到着後に昼食。14時からいよいよ稽古を開始しました。
合宿中の稽古は一日に三回です。
5:45~7:00の朝練ではロードワーク・坂道ダッシュを行います。
9:00~11:30の午前練はシャドウやミット打ち、スパーリング等、打撃の強化を目指します。
14:00~17:00の午後練で基本や型、投げ技、スパーリング、各種の体力トレーニングをこなします。
とても厳しい内容でしたが、皆で励まし合って大きな怪我もなく、予定のメニューを全てやり抜くことができました。
最終日を迎えた部員の顔には、疲れとともに大きな達成感が浮かんでいたと思います。

今後は8月31日(日)の審査、9月28日(日)の明法祭演武が身近な目標になります。
来年からは支部内大会、地方大会を視野に入れられる人も出てきそうです。
明法の道場はとても恵まれた設備を持っています。怪我に気をつけながら、自らを追い込んでいきましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

空手部はこちらで紹介しています。

過去にこのような記事も掲載しています。

 2014.5.7 空手部-審査会に参加しました こちらから