明法ニュース 行事

【行事報告】中3が京都・奈良への研究旅行に行ってきました

行事
 平成24年2月15日(水)~18日(土)の日程で三泊四日間、京都・奈良方面へ研究旅行に行きました。来年度からは時期が十一月下旬に変更されるので、我々が冬の京都・奈良を満喫する最後の代となりました。

 初日は、新幹線で京都に着いた後観光バスに乗り換えて、二条城と金閣寺を見学し、最後に妙心寺で座禅体験をしました。また、夜には宿の大広間で、湯飲みの絵付け体験をしました。どんな仕上がりになっているのか、後日送られて来るのが楽しみです。

 二日目は、観光バスで奈良方面に行きました。まずは、奈良に入る前に宇治方面へ立ち寄り、十円玉に刻まれている平等院を背景に、集合写真を撮りました。そして奈良では、まずは法隆寺に立ち寄り、その後奈良公園に入って、ガイドさんの案内で東大寺・二月堂・三月堂・興福寺を見学しました。また、夜には宿の大広間で、実行委員企画のレクリエーション(○×クイズ、一発芸、ビンゴ)を行いました。

 三日目と最終日は、班別行動で自主研修を行いました。三日目は終日電車・バスを用いて、最終日は半日タクシーを用いて、事前学習で作成したルートに沿って、京都市内を見学しました。道に迷ったり、予定していた電車・バスに乗れなかったり、時間が足りなくなって全て巡ることが出来なかったり、計画通りうまくいった班もあればそうでなかった班もありましたが、大きな事故やトラブルはなく、充実した班別自主研修になりました。また、三日目の夜には、河村能舞台で能鑑賞と、一部の有志は能体験を行いました。
 
 事前学習では、この自主研修の計画に基づいて、各班で模造紙一枚のレポートを作成しました。相変わらず四九期の人達はレポート作りがとても上手で、今回も色彩豊かな見栄えで充実した内容の記事に仕上げてくれました。事後学習としては、現在各自で画用紙のレポートを作成中です。皆がきっと素晴らしい作品を提出してくれることでしょう。

=======================================

 明法では中学3年生で京都・奈良への研究旅行を毎年行っています。来年度からは11月の実施となります。生徒たちにとっては中学生活の思い出に残る行事です。