明法中学・高等学校

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 資料請求
  • アクセス・お問い合わせ
  • 中学受験生・保護者の方へ
  • 高校受験生・保護者の方へ

明法ニュース

【国際教育プログラム】ターム(中期)留学・シェアリングセッション

 6月4日(土)、ターム(中期)留学・シェアリングセッション(帰国後報告会)が行われました。第1期帰国生たち全員が、保護者や2期生(今年度参加予定生徒)、そして教員が参観する中、パワーポイントを用いて英語でプレゼンテーションを行いました。下記は、事前に彼らに課された課題です。

Read the instructions below and prepare for your presentation by reflecting on the experiences you had in Australia as well as synthesizing your thoughts:
- Conduct a reporting/reflective presentation of 5 to 7 minutes in English
- Use about 5 PowerPoint slides (Include at least 5 of your favorite photos)
- In your PowerPoint presentation、 include the following topics:
1. The best memory during your study-abroad program and the reason(s) why you think so.
2. What you can do now which you couldn't do before you studied in Australia. With regard to this、 what kind of challenges did you have in obtaining the skills and how did you overcome the hurdles.
3. Practical and effective advice、 referring to your own experiences、 for the future participants in this academic year so that they can make their future experience successful/fruitful.

 「授業が分からず、本当に苦労した」「キャンプやスポーツイベントがきっかけで、たくさんの友人を作ることができた(今でもFacebookで連絡を取り合っている)」「東日本大震災の際、多くのオーストラリア人たちによる励ましの言葉が今でも忘れられない」など、3ヶ月を通して経験した思い出は、やはり十人十色だったようです。そんな中、彼らが異口同音に後輩たちにアドバイスしていた言葉。それは、"Don't be shy and be positive/proactive" "Remember to smile and thank people"。とてもシンプルでありながら、留学を成功に導くための本質を雄弁に語る彼らの姿には、点数によって数値化することのできない「大きな成長」が映し出されていました。

 昨年6月にスタートした事前研修から早一年。今回のシェアリングセッション(帰国後報告会)を経て、1期生たちはおよそ一年間にわたるターム(中期)留学プログラムを見事に修了しました。現在、1期生らの背中を追いかける12名の第2期生たちが、7ヶ月後に控えた出国に向けて既に走り始めています。1期生、お疲れさま!そして2期生、頑張るぞ!






カテゴリー
最近の記事
月別

明法中学・高等学校
明法中学・高等学校  〒189-0024 東京都東村山市富士見町2丁目4-12
TEL:042-393-5611(代)  FAX:042-391-7129

Copyright © 2012 MEIHO Junior & Senior high school. All Right Reserved.