明法中学・高等学校

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 資料請求
  • アクセス・お問い合わせ
  • 中学受験生・保護者の方へ
  • 高校受験生・保護者の方へ

明法ニュース

【部活動】硬式テニス部-私学大会団体戦に参加しました

硬式テニス部私学大会.jpg

10月30日に、明法硬式テニス部は私立中学高等学校テニス選手権大会 団体の部に出場してきました。

一回戦は不戦勝、二回戦を突破し、三回戦は2-3で惜しくも負けてしまいました。

日没近くまで白熱した試合を展開し、会場で一番最後まで残って試合をしていました。団体戦は負けてしまいましたが、これから年末に個人戦があります。団体戦での悔しさを個人戦にぶつけます。明法の代表メンバーと、当日応援に来た部員から感想が届いています。

今回の団体戦では、二回戦でシングルス、三回戦ではダブルスで出場しました。シングルスではなかなかいいラリーをすることが出来ませんでした。しかし、前回の団体戦では頭が真っ白になっていましたが、今回はしっかりと考えてプレーをすることができました。後半はそこそこいいボールが打てましたが、結局負けてしまいました。ダブルスでは、その日の2戦目ということもあり、自分のプレーが出来ました。また、積極的にボレーに出ることを意識してやり、うまくいきました。反省点は、後ろに下がったときに決め急ぎすぎてしまったことです。なかなか順調でしたが、ゲームカウント5-2のときにペアが足首をひねってしまい、その後立て続けにゲームを取られてしまい、負けてしまいました。お互いに切り替えられなかったことがこの試合の一番の反省点だと思います。

次は個人戦があるので、それまでしっかりと練習をして、次の試合に臨みたいです。また試合ではもっとリラックスするようにして行きたいと思います。(T)

========================================================

今回の大会では自分にとって初めての団体戦で、三回戦で惜しくも敗退してしまいましたが、自分がやった試合では勝つことが出来たので良かったと思います。しかし、ファーストサーブの入る確率がとても低く、もっと確率を上げて自分のペースで試合をしていきたいと思いました。次の試合では、しっかりとファーストサーブを入れ、主導権を握ってプレーをしたいと思います。(N)

一試合目は、ファーストサーブに頼りすぎて、セカンドサーブを外すことが多々あった。ファーストサーブだけに頼るのではなく、確実に入るサーブを打って、ダブルフォルトをなくしていきたいと思う。二試合目は、少しでも強く打とうとしてアウトになることが多かった。ボレーではラケットを下げてボレーをしたので、ボールを打つのが遅れてしまうことが多々あった。ラケットをしっかりと上げてボレーをし、ラリーでしっかりとポイントを取る。(H)

試合を見ていて感じたこととして、バックハンドのストロークとボレー、セカンドサーブがどれだけ重要なのかを感じた。バックハンドのストロークは安定して打てることを前提として、つなげるためのショットなのか、強打なのかを打ち分けられるようにしたい。ボレーは部員を比べてみると、1人は向かってくるボールをただ打っているだけに見えたが、先輩のボレーは攻めるために目的を持ってやっていると思った。セカンドサーブは、普段8-9割入る部員でも、試合だと6-7割にほどになってしまっていたので、しっかりと入るセカンドサーブを身に着けたい。(S)

私は試合に出ていないのですが、コートの外から学ぶことは沢山ありました。例えば、試合前のウォームアップだったり、どのような気持ちで試合に臨むかを学びました。また、他の学校の試合も見て、その学校自体のレベルの高さを実感しました。そしてこれからは上級生が引退し、自分たちの代になるので、毎回の練習に目的意識をもって行きたいと思います。(S)

自分が今回の試合を見て学んだことは、僕らのテニス部は他の学校と比べても技術面は大差ないと思ったが、戦い方の意識に差があると感じました。相手校は、この位置に相手がいたらあちらの位置に打とうというようにきちんとした戦い方が出来ているように思いました。戦い方において、自分たちは崩されていたと思います。なのでこれからの練習では技術を上げるのはもちろん、特にダブルスでの自分の戦い方を見つけたいと思います。自分は12月の個人戦が高校生活最後の大会になると思うので、自分の戦い方を見つけることを目標に練習に日々精進していきたいと思います。(N)

今回の大会では、最初の方に調子が出ず、ウォーミングアップを工夫したいと感じた。試合では少し緊張したが、良い意味での緊張だったので、次の個人戦でも同じようになれるようにしたい。そのためには練習で試合を意識しながらプレーをしたい。(I)

私学戦で今回勝たなければいけない相手に負けてしまった。前半はそんなに押されていなかったが、後半に相手にどんどんポイントを取られてしまった。ミスが増えてしまったので、次からは悪くなってもすぐに立て直せるように考えていきたい。(K)

初めての団体戦で緊張した。第一試合は足がぜんぜん動かず、残念な試合になってしまった。後半はそれでも少し動かせたが、それでもいつもに比べると良くはなかった。第2試合では、一試合目よりも動くことができたが、それでもポイントを取られてしまうことが多く、重心が普段より高い位置にあるのを感じながらプレーしていた。負けてしまったが、次の試合に向けて改善することが見えたので、良い試合だった。(K)

みんな簡単なところでのミスがとても多かった。その理由の一つに、フットワークをあまり使えていなかったからだと感じた。今後の練習ではフットワークを意識した練習をしていくことが大切だと思う。フットワークを強化するには普段やっている「マレー(明法のフットワークドリルがこう呼ばれています)」やラインタッチを多く取り入れることが大切だと思う。(K)

カテゴリー
最近の記事
月別

明法中学・高等学校
明法中学・高等学校  〒189-0024 東京都東村山市富士見町2丁目4-12
TEL:042-393-5611(代)  FAX:042-391-7129

Copyright © 2012 MEIHO Junior & Senior high school. All Right Reserved.