明法ニュース 高校入試

★入試の際の感染症対策などについて★

高校入試

高校入試における感染症対策などについて ~安心して受験いただけるように~

 本校では高校受験生に安心して受験していただけるように入試当日、以下のような対応をいたします。

①受付時に検温を実施します。また手指消毒にご協力いただきます。
 万が一、体温が37.5度以上の場合には、再検温のうえ、当日の受験を控えていただく場合もあります。また、体温が37.5度未満でも咳などの症状がある場合には、当日の受験を控えていただくことがあります。その際には、別日程で受験ができますのでご安心下さい(下記参照)。

②1つの教室に入室できる受験生を20名程度とします。

③休み時間に試験会場の換気を行います。

④試験会場の出入口に手指消毒用の消毒液を設置します。

⑤昼食時(特に一般入試)には教員が巡回し、黙食の環境が保たれるようにします。

⑥感染症以外の体調不良の場合には、別室Aでの受験ができる体制を整えています。また、濃厚接触者の指定を受けた場合でも以下の条件を満たせば、別室Bでの受験ができるように体制を整えています。
 [条件]1.PCR検査で陰性が確認されており、その後の検査でも陽性であることが判明していないこと
     2.当日公共交通機関での来校をしていないこと
     3.受験当日も無症状であること

⑦お車で来校していただいてもかまいません。駐車場を用意いたします。
 ただし、来校時の交通渋滞などにより遅れた場合の配慮はありませんので、余裕を持って来校して下さい。


【受験生の皆様へのお願い】
1.マスク(不織布マスクを推奨)とハンカチ・タオルは必ず持参して下さい。
2.試験会場を定期的に換気するため、防寒着の用意をお願いします。
3.受験当日に発熱や咳など感染症が疑われる症状がある場合には、受験をお控えください。その場合には、当日お電話でその旨をお知らせいただき、別日程での受験に向けた手続ができますのでご安心ください。

[重要]入試直前に本校で感染者が出た場合の対応
 入試直前(3日前以内)に、本校の生徒や教職員に新型コロナウイルス感染症の罹患者が出た場合、その日程での入試は中止とし、別の日程に変更して実施いたします。ご了承ください。
 推薦入試    1月22日(土) → 変更後の日程 1月26日(水)
 一般入試第1回 2月10日(木) → 変更後の日程 2月16日(水)
 一般入試第2回 2月11日(金) → 変更後の日程 2月17日(木)

============================================

 入試当日に地震や豪雨・積雪などで公共交通機関が乱れた場合の対応は以下の通りです。

[自然災害発生時の対応]
1.軽微な地震、豪雨や積雪等によって電車が遅れたときには、状況に応じて、試験時間の変更など適切な対応をとらせていただきます。
2.ほぼ全ての電車が止まり、動き出す見込みがたたないような大きな自然災害等が起こったときは、東京都と神奈川県の全ての私立高等学校が、予定されている入試を全て中止し、後日、一斉に繰り下げて再開することがあります。
[ラジオの緊急放送]
 入試当日に交通機関が大幅に乱れた場合、ニッポン放送(AM1242KHz FM93MHz)で次の放送があります。
ア 放送条件
 大雪・大地震等により交通機関が大幅に乱れ、入学試験に影響が出たとき、放送があります。
 ただし、交通機関の部分的混乱、学校の個別事情のときは、放送されないときがあります。
イ 対象とする入試
 推薦入試 一般入試第1回および第2回
ウ 放送内容
入学試験日時の変更(その他の内容に関する放送は、ニッポン放送が判断します)
エ 放送時間
入試当日の午前6時ごろから午前7時ごろまで、区別・市別に随時、繰り返し放送します。

★地震や大雪等で公共交通機関に遅れが出た場合には、必要に応じて、本校ホームページのトップページ「緊急連絡」の新着情報で学校としての対応をお知らせいたします。
また、当日そのような状況が生じた場合には、できる範囲で学校までお電話でご一報ください。

新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症で受験ができなかった場合の対応

新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症(疑いがある場合も含む)で受験ができなかった場合の対応

 本校では、1月22日に推薦入学試験、2月10日・11日に一般入学試験を実施いたします。受験当日、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症に罹患された受験生の方(疑いがある場合も含む)につきましては、他の受験生への影響を考慮し、受験を控えていただけるようにお願いしております。
 
 つきましては、受験当日に新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症(疑いがある場合も含む)で受験ができなかった受験生の皆様向けに、以下のような対応をとらせていただきます。

①推薦入学試験(1/22)を受験できなかった受験生への対応
 2月11日に実施する第2回一般入学試験を受験していただきます。ただし、新型コロナウイルス感染症に罹患し、医師の診断で2月11日の第2回一般入学試験が受験できない場合には、2月16日の特別日程入試を受験していただきます。さらに、2月16日でも受験できないという判断が出た場合には、3月4日の第3回一般入学試験を受験していただきます。
受験生・保護者や中学校の先生との事前相談の内容を踏まえ、推薦入学試験の適性検査受験に準じる形で選考いたします。

②一般入学試験を受験できなかった受験生への対応
 2月16日に実施する特別日程の入学試験を受験していただきます。ただし、新型コロナウイルス感染症に罹患し、医師の診断で2月16日の特別日程入試が受験できない場合には、3月4日の第3回一般入学試験を受験していただきます。
 一般入試と同じ水準の問題を使って選考させていただきます。また、受験生・保護者や中学校の先生との事前相談の内容を踏まえ、一般入学試験に準じる形で選考いたします。
   
 すでに提出いただいている願書および調査書を用いますので、改めて願書・調査書を提出いただく必要はありません。また、新たな受験料も必要ありません。ただし、出願の際には、「感染症罹患による受験日変更届」(別紙)を中学校で作成いただき、入試当日に提出していただきます。
 書式はこちらからダウンロードして下さい。

 感染症(疑いがある場合も含む)により、出願した日程の受験ができなくなった場合には、入試当日までに中学校の先生からお電話でいただけますようお願い申し上げます。なお、感染症でない場合(例えば、一般的な風邪や腹痛など)には、別室で受験していただける体制は整えておりますので、ご安心下さい。

 なお、2月16日特別日程入試は、あくまでも通常の入学試験を、感染症(疑いがある場合も含む)を理由に受験できなかった、本校に出願している受験生向けの入試ですので、それ以外の受験生は対象とはなりません。

感染症で都立高校の受験日程が変更になった場合の入学手続期間について

 令和4年度東京都立高等学校入学者選抜日程では、新型コロナウイルスやインフルエンザ等学校感染症罹患者等に対する追検査を、「分割後期募集および全日制第二次募集」の日程(3月9日)に行うこととされており、その発表日が3月15日とされております。
 
 本校を併願校として受験・合格した受験生で、都立高校を受験する場合には、本校一般入試の出願時に、願書にある「入学手続延期願」の欄にチェックをしている場合に限り、3月2日(水)(都立高校合格発表日翌日)まで入学手続を延期することができます。

 つきましては、入学手続延期願を提出した受験生が新型コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症に罹患し、都立高校の追検査を受けることとなった場合に限り、本校の入学手続期間を3月16日(水)の13時30分まで再延期することができるように対応いたします。

 感染症の罹患により、都立高校の追検査を受けることが決まった場合には、受験生の保護者様より本校入試広報までお電話にて速やかにご連絡いただきますようお願いいたします。そのうえで、「入学手続再延期願」(こちらからダウンロード)の提出をお願いいたします。(「入学手続再延期願」の提出期限は2月26日(土)13時30分とさせていただきます。)