明法中学・高等学校

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 資料請求
  • アクセス・お問い合わせ
  • 中学受験生・保護者の方へ
  • 高校受験生・保護者の方へ

明法杯サッカー大会

多摩地区の数多くの学校が参加! 熱戦の模様は地域の新聞などでも紹介されています。
「明法杯サッカー大会親睦会」は、本校の広大な敷地を地域の方にも有効活用していただくために、本校サッカー部のインターハイ出場(昭和46年度)を記念し、翌年の昭和47年度から開催されてきた大会です。過去39年間の大会では地元の東村山市だけでなく、多摩地区の数多くの学校が参加し、小金井、清瀬、小平、東久留米から優勝校が出た大会もあります。その熱戦の模様は地域の新聞「東村山新聞」や「ザ・スポーツ」などでも紹介されてきました。

明法サッカー部紹介

明法中学サッカー部

明法中学サッカー部は、「都大会出場~全員サッカーを目指す~」を目標に活動しています。さらに、サッカーを通じて、社会で通用する人間の育成を目指しています。そのため、サッカーの技術だけでなく練習に積極的に参加し、しっかりと挨拶ができるなどの礼儀や、周りのことを考えて行動することが大事だと考えています。
 この目標をもとに実践した結果、一昨年度はなかなか良い成績をあげました。夏に行われた東村山市中学校スポーツ大会では三位になりました。また、強豪校が集まる地区の新人大会も順調に勝ち上がり、地区で「ベスト4」になりました。準決勝で負けて、残念ながら都大会出場まであと一勝というところで悔し涙を流しました。
 サッカー部には中学三年生が十三名、中学二年生が十六名、中学一年生が十六名在籍しています。活動は週五日の放課後練習と週三日の朝練習です。日曜日は練習試合や練習を行っています。夏には菅平で四泊五日の合宿を行います。現在は、約五ヶ月後に行われる春季大会に向けて、体力強化のために走り込みを毎日行っています。練習量は多く、内容もきついですが、「都大会出場」を目指して日々練習に励んでいます。
 皆さんも、この明法中学サッカー部で「心・技・体」を鍛えてみませんか。そして、「都大会出場」を目指して一緒に練習しましょう。
 部員一同、入部してもらえることを心よりお待ちしております

中学サッカー部について

明法高校サッカー部
明法高校サッカー部

私は小学校2年生の時に、東村山市の化成小学校でサッカーを始めました。練習は週3回で楽しくプレーしていました。 明法杯サッカーには、6年生の時に出場しました。小学校の中で、違うクラブチームに入っている人とも同じチームでプレーできる事に、とても魅力を感じ、楽しみにしていました。また、自分もFWとして、そしてレギュラーとして出場できる事も、楽しみにしていた一つでした。しかし、一回戦で強豪チームとあたり、負けてしまいました。しかし、私にとってはとても貴重な経験となりました。 そして、中学3年生の時に、志望校の一つに明法高校を考えるようになりました。小学生の時、明法杯で走り回ったあの大きなグラウンドで、サッカーがしたいと言う気持ちが明法を志望した大きな理由の一つです。 今では、明法高校サッカー部の一員として毎日、練習に励んでいます。自分としては、これまで所属してきたサッカーチームの中では、一番環境が整っていると思います。しかし、今年の大会ではあまり良い結果を残すことができませんでした。しかし、この良い環境を無駄にはせず、一生懸命に練習し、来年春の大会では少しでも良い結果を残せるように、頑張っていきたいと思います。 高校2年  辻永 浩平高校サッカー部 副部長(第31回大会出場)

高校サッカー部について

インターハイ出場の思い出

昭和46年度サッカー部監督 大谷 泰造
インターハイとは全国高等学校総合体育大会のことで、昭和46年(1971年)に東京代表として四国の徳島県で行われた大会に出場しました。第1代表は帝京高校、東京予選の決勝戦で負けたので、惜しくも代表を逃したと思いましたが、東京の代表枠は2校、負けたとき初めて代表であることを知りました。関東大会の東京予選では惜しくも1対2で惜敗していたので、雪辱を果たすことしか考えていなかったというのが実情です。 東京オリンピック(1964年)、メキシコオリンピック(1968年・銅メダル)における日本サッカーの活躍で、サッカー人気が盛り上がりつつあった時代でした。当時の日本代表選手としては、釜本選手、杉山選手などがいました。 全国大会出場に備えての強化合宿を経て、厳しい暑さに慣らすため予定を1日早めて徳島県入りしました。初出場で予定を早めたことがトピックスになり、徳島新聞の取材を受け記事として紹介されました。 1回戦の沖縄代表小禄高校には、強力DFの活躍と速攻が冴え快勝しましたが、2回戦の地元徳島代表徳島商業には、唯一人のゴールキーパーがファウルで負傷、速攻も活きずに負けてしまいました。当時の明法には寮があり、生徒は全国から募集していました。本物の教育をするには少数教育に限ると、高校の各学年は100人に満たない家族的な小規模校でした。サッカー部員も20人に満たないほどで、ベンチに控えの選手は少なく、50人以上の学校と比べると寂しいものでした。しかし、選手は「相手も11人、こちらも11人、部員数で勝負するわけではない」と元気いっぱいでした。あと何回勝てば東京代表などと考えず、1試合1試合に全力で臨んだことが良かったのではなかったかと思っています。みんなサッカーが好きで好きで、山登りの遠足にもボールを持っていき、蹴りながら登りました。寮生活を通じてお互いを理解し、練習に当たってはよく相談していたことなどがインターハイ出場につながったと思っています。 当時のエピソードとして、スパイク物語をご紹介します。試合ではどのチームもスパイクを履いていましたが、スパイクは高価なため、明法生は運動靴で試合をする生徒が半分以上もおり、他校と比べるとちょっと異様で笑われたこともあります。しかし、勝負では一歩も引けをとることはありませんでした。全国大会出場が決まりスパイクをカンパでいただきましたが、やっぱり履き慣れた運動靴がよいと、運動靴のままの生徒もいました。 当時の部員の高校卒業後の進路ですが、GKは東京大学へ進み大企業の重役となり、DFの要は大学入学後、空手に転向して日本一になり警察関係の幹部をしています。 この明法杯サッカー大会に出場しているみなさんも、サッカーが好きで好きでがんばっていることでしょう。チームの勝利を目指して、みんなで相談したり助け合ったりすることは、どんなに大変でもかけがえのないものです。みなさんの人生の一コマとして、この大会で大いに輝くことを祈っています。

本校OB紹介

明法には現在ワールドカップを目指すOBがいます。
プレイヤーではなく、選手や試合を陰で支えるレフェリー(審判)として。その名は飯田淳平さん。すでにレフェリーとしてJリーグのピッチに立ち、将来はワールドカップという夢舞台で笛を吹くことを目標として活動している、そんなOBです。

飯田淳平(いいだじゅんぺい)
明法中学・高等学校出身 1999年度卒業 (34期主将)
日本サッカー協会が立ち上げた「JFAレフェリーカレッジ」(1期生)出身の日本サッカー協会所属1級審判員として活躍中。
Jリーグ・天皇杯等を中心に、国内で主審を務め、2011年1月より国際審判員(主審)、2011年4月よりプロフェッショナルレフェリーとして活動している。

本校在校生(明法杯サッカー大会出場経験者)

MF 岡本 怜(第35回大会出場)明法高校2年 高校サッカー部所属
私は小学五年生の時に明法杯サッカー大会に出場しました。当時は萩山小サッカー愛好会で、右MFのポジションでプレーしました。結果は、残念ながら1回戦で敗れましたが、とても楽しむことができました。そのとき、この広大なグラウンドで、またサッカーをしたいという願望が生まれ、入学を決意しました。 秋からの明法中学サッカー部は、2年生を中心に活動し、春の大会に向けて、日々の練習・練習試合を頑張っています。 私は現在高校2年生になり、高校サッカー部で都大会を目指して、日々精進しています。 私は、この明法杯を通してサッカーの楽しさ、素晴らしさを実感したことを覚えています。皆さんも、是非この明法杯で思いっきりグラウンドを走り回り、サッカーの楽しさ、素晴らしさを実感して下さい。

少年サッカー大会歴代優勝校

回数 優勝チーム
1 昭和47 大岱小学校A(東村山市)
2 48 久米川小学校A (〃)
3 49 第三小学校(小金井市)
4 50 化成小学校(東村山市)
5 51 青葉小学校(〃)
6 52 青葉小学校(〃)
7 53 青葉小学校(〃)
8 54 北山小学校(〃)
9 55 北山小学校(〃)
10 56 北山小学校(〃)
11 57 第五小学校(清瀬市)
12 58 第十小学校(小平市)
13 59 第八小学校(東久留米市)
14 60 秋津小学校(東村山市)
15 61 北山小学校(〃)
16 62 回田小学校(〃)
17 63 東萩山小学校(東村山市)
18 平成元 萩山小学校(〃)
19 2 萩山小学校(〃)
20 3 秋津小学校(〃)
回数 優勝チーム
21 4 萩山小学校(〃)
22 5 雨天のため中止
23 6 萩山小学校(東村山市)
24 7 北山小学校(〃)
25 8 北山小学校(〃)
26 9 雨天のため中止
27 10 北山小学校(東村山市)
28 11 富士見小学校(〃)
29 12 化成小学校(〃)
30 13 萩山小学校(〃)
31 14 北山小学校(〃)
32 15 化成小学校(〃)
33 16 北山小学校(〃)
34 17 久米川東小学校(〃)
35 18 北山小学校(〃)
36 19 南台小学校(〃)
37 20 化成小学校(〃)
38 21 久米川小学校(〃)
39 22 野火止小学校(〃)
40 23 秋津小学校(〃)

ページトップへ 戻る


明法中学・高等学校
明法中学・高等学校  〒189-0024 東京都東村山市富士見町2丁目4-12
TEL:042-393-5611(代)  FAX:042-391-7129

Copyright © 2012 MEIHO Junior & Senior high school. All Right Reserved.